生きる力を応援します。

高松市立みんなの病院

文字サイズ

087-813-7171

診療情報

 耳鼻咽喉科の守備範囲は首から上の脳と眼球を除く部分で耳、鼻、口腔、咽喉頭、頸部,顔面とかなりの広範囲です。特に力を入れている分野を書き出します。

  • 難治性耳漏:ブロー液治療を施しています。これにより数年間、耳漏に悩んでいた患者さんが完治し、喜んでいただいた例もあります。
  • アレルギー性鼻炎、花粉症:アルゴンプラズマ凝固装置を用いて日帰り手術をします。特に鼻閉に悩んでいる患者さんにお勧めです。
  • 急性副鼻腔炎:サイノジェクトによる副鼻腔穿刺、洗浄をします。これにより手術をせずに完治する例もあります。
  • 口蓋扁桃、アデノイド疾患:扁桃炎による咽頭痛,発熱を繰り返す症例やIgA腎症、掌蹠膿疱症などの病巣感染や上気道狭窄によるいびきや顎顔面発育の影響がある症例に対して口蓋扁桃摘出術を施行します。さらにアデノイド増殖症を伴っている場合には従来はアデノイドを完全切除できなかったのを、当科では内視鏡を使用してアデノイドを徹底的に切除します。
  • 甲状腺疾患:当日に超音波検査を施行し、ある程度の診断まで出します。必要に応じて細胞診検査、甲状腺ホルモン検査をします。

他にもめまい疾患、突発性難聴、顔面神経麻痺などの急を要する疾患にも対応しています。また、慢性中耳炎、慢性副鼻腔炎、声帯ポリープ、唾液腺疾患などの手術もしております。

ページのトップへ戻る