生きる力を応援します。

高松市立みんなの病院

文字サイズ

087-813-7171

診療情報

当院「麻酔科」について

当院には診療科が揃い、老若男女を問わずあらゆる状態の患者さんが手術を受けられます。
麻酔科は手術を受けられるすべての患者さんに、安全で良質な医療を提供するよう努めています。

  1. 手術前には、麻酔方法について納得していただけるよう十分に説明を行い、麻酔に対する不安を取り除くよう努めます。
  2. 手術中は患者さんを第一に、安全で円滑な手術を遂行するべく、患者さんの痛みを取り除いて眠りをもたらし、呼吸や心臓の動き、出血の状態などを監視して良好な状態を保つよう管理しています。
  3. 手術終了後は、術後鎮痛処置を行い、痛みのない爽やかな目覚めを提供すべく心がけています。
学会認定施設

日本麻酔科学会認定病院

 

診療内容と実績

手術室での麻酔業務を主に行っています。緊急手術はもちろん、早期手術がADL(日常生活動作)を左右する高齢者の方の骨折などにもすぐに対応できるように手術室運営を行っています。

麻酔の種類
  • 全身麻酔
    吸入麻酔薬、静脈麻酔薬、麻薬性鎮痛薬などを投与して、無意識と無痛を得る方法。意識はなくなります。
  • 硬膜外麻酔
    脊髄を囲む硬膜(くも膜)の外側(硬膜外腔)に局所麻酔薬を注入することにより脊髄神経を可逆的に遮断する局所麻酔法。カテーテルを挿入し局所麻酔薬や麻薬の持続注入によって術後鎮痛にも応用できます。
  • 脊髄くも膜下麻酔
    腰椎部分の髄液内に局所麻酔薬を注入し脊髄神経を可逆的に遮断す(腰椎麻酔)る局所麻酔法。下半身が一時的にしびれて動かなくなります。
 
実績
  2018年 2019年 2020年
全身麻酔(吸入麻酔) 110 213 162
全身麻酔(TIVA:完全静脈麻酔) 823 716 707
全身麻酔(吸入麻酔)+硬膜外・神経ブロック 58 117 114
全身麻酔(TIVA)+硬膜外・神経ブロック 62 414 352
脊椎くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA) 0 3 1
硬膜外麻酔 2 0 0
脊髄くも膜下麻酔 14 31 10
伝達麻酔 1 3 5
その他(静脈麻酔など) 0 20 34
合 計 1,070 1,517 1,385
 

     

 

ページのトップへ戻る