高松市民病院 > 病院について > その他のご案内 > 疾病別包括評価制度(DPC)について

疾病別包括評価制度(DPC)について

高松市民病院では、厚生労働省の指定により平成21年7月1日より「疾病別による包括評価制度(DPC)」を導入しています。
DPCとは、病名とその症状・治療行為をもとに、厚生労働省が定めた1日あたりの金額からなる包括評価部分と、出来高評価部分とを組み合わせて計算する会計方式です。
従来は診療行為ごとに積み上げる「出来高払い」方式でした。
DPCは医療の質の標準化を目指すものであり、良質な医療、効率的・効果的な医療、医療の透明化等を目的としています。

原則として当院に入院される患者さんはDPC方式の対象となりますが、外来診療、労災保険、自賠責などは対象外です。
また、入院医療費の請求は、毎月1回、月末締め切りの翌月10日ごろ配付いたします。(退院時は退院日になります。)
DPCについて、不明な点がございましたら、入院受付窓口までお問い合わせください。