沿革

明治26年4月 現在の高松赤十字病院の場所に高松市公立病院を開院
36年4月 高松市民病院の現在地に高松市立伝染病院を開院(61床)
40年3月 高松市公立病院を閉院
6月 同病院が、日本赤十字社香川支部病院となる。
大正4年 市立伝染病院を増築、常時開院となる。
昭和6年7月 旧市民会館南側に市立診療所を開院
11年6月 現在の高松工芸高等学校南側に市立診療所を新築移転(30床)
13年 市立診療所塩屋町出張所(旧塩屋町郵便局東側)を開院
15年1月 市立診療所を市立高松病院に、市立診療所塩屋町出張所を市立塩屋町診療所に改称
25年5月 鍛冶屋町5番地5に市立診療所を開院
27年10月 高松市民病院の現在地で旭ヶ丘病院新築第1期工事に着手(100床)
28年1月 旭ヶ丘病院開院(開設許可27年12月23日)
28年3月 旭ヶ丘病院第2期工事竣工(50床)
29年4月 市立診療所を旭ヶ丘病院中央診療所に改称
11月 高松市と隣接16カ町村による組合立伝染病院旭荘を新築(50床)、市立旭ヶ丘病院が管理・治療を受託
31年2月 旭ヶ丘病院第3期工事竣工(74床)
4月 防疫課所管から特別会計病院として独立
39年9月 労災保険指定病院となる。
40年4月 救急指定病院となる。
41年2月 旭ヶ丘病院本館(現北別館)竣工
4月 旭ヶ丘病院を高松市民病院に、旭ヶ丘病院中央診療所を高松市市民病院中央診療所に改称
10月 精神神経科(50床転床)を新設
43年9月 放射線棟竣工
45年5月 精神神経科病棟竣工
48年5月 本館新築工事竣工
51年8月 総合病院の承認を受ける。
52年9月 病院内に市内定期バスの停留所を設置
10月 中央診療所を廃止
53年5月 一般病床80床増床(本館30床、北別館50床)計299床となる。
55年11月 診療棟竣工
56年4月 特定集中治療室開設(8床)
58年4月 一般病床10床を増床するとともに、結核病床10床・精神神経科病床10床を一般病床に転床し、一般病床は377床となる。
59年4月 医事業務の電算化
平成元年10月 東別館竣工(一般病床55床増床)・放射線棟撤去
6年7月 病院群輪番制実施に伴う特例許可病床として一般病床6床を増床し、一般病床は398床となる。
10年3月 管理棟竣工
4月 結核病床20床を廃止
11年4月 伝染病院旭荘が廃止されることに伴い、伝染病床50床に関する診療等の業務の受託を取り止め、感染症病床6床を増床
12年3月 本館等改修工事竣工
13年10月 南病棟(診療棟4階)改修工事竣工(4病棟となる)
14年1月 病床数の見直しにより一般病床は394床となる。
3月 精神神経科病棟改修工事竣工、院内医療情報システムの一部稼動
8月 院内医療情報システムの全稼動
15年1月 手術室(全5室)改修工事竣工
12月 駐車場整備工事竣工
17年11月 日本医療機能評価機構(Version 4)の認定を受ける。
18年1月 一般病床53床を減床し、一般病床は341床となる。
4月 歯科を廃止
6月 本館4階(人間ドック)改修工事竣工
21年7月 DPC(診断群分類包括評価)導入
23年4月 病院事業に地方公営企業法の規定の全部を適用
病院事業管理者を設置
呼吸器外科を新設
医師事務作業補助者を配置
6月 高松市立病院をよくする会設置要綱を施行
8月 高松市立病院をよくする会を開始(毎年2回以上)
24年3月 高松市病院事業経営健全化計画(平成24年度~26年度版)を策定、進行管理開始
高松市立病院【基本理念】「 生きる力を応援します」を制定
高松市民病院【基本方針】を制定
 「『リーディングホスピタル』として高松市医療全体の最適化を目指します」
 「『理想的な医療』を、ファインチームワークで提供します」
 「『まごころのある医療人』を、全力で育成します」
4月 形成外科を新設
院内感染症対策室、臨床教育室を新設
経営健全化計画の策定や進行管理、経営分析等を進めるため事務局経営企画課を再編
病診連携等を充実させるため、地域連携室を地域医療連携室に再編
高松市立病院医療事故等公表基準を施行
患者相談窓口を新設、警察官OBを採用
給食調理業務を民間業者へ委託
5月 7:1看護基準を実施
6月 業務実績・業務計画報告会を開始(毎年1回)
9月 「地域医療連携だより」を発行開始(奇数月)
10月 高松市立病院「患者権利章典」を制定
高松市立病院学会を開始(毎年1回)
12月 電子カルテシステムを整備
高松市病院局「ロゴマーク」を制定
25年4月 高松市病院局医療安全評価委員会設置要綱を施行
市民病院災害対策マニュアルを策定
6月 「地域医療連携カンファレンス」を開始(毎年1回以上)
7月 「カイゼンボックス(職員提案箱)」を設置
9月 入院センターを新設
10月 内視鏡システムを整備
債権回収業務を弁護士へ委託
12月 診療費等におけるクレジットカード払いの取扱いを開始
26年3月 医用画像管理システムを整備
高松市立病院OB会を設立
4月 日本医療評価機構の病院機能評価認定を受ける。
がん診療推進室、メンタルサポート室、情報管理室及び業務改善推進室を新設
5月 職員の研修参加等をより充実たせるため、出張・旅費等に係る基準を明確化(高松市病院局職員の旅費等の支給に関する取扱要領を施行)
高松市病院局業績表彰要綱を施行
ホルミウムレーザー、X線透視診断装置を整備
ICUの施設基準を取得
6月 病理診断科を新設
12月 地域医療支援病院の承認を受ける。
27年3月 沖縄県立八重山病院(石垣市)と「医師臨床研修の協力提携に関する協定」を締結
高松市病院事業経営健全化計画(平成27年度~29年度版)を策定、進行管理開始