病院指標(H28)


平成28年度 高松市民病院 病院指標

<<指標のご説明(詳細)>>

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 381 72 137 165 169 174 553 687 730 204

 当院は、地域の皆様がいつでも安心して暮らせるように、安全で質の高い医療を提供しています。
特に60歳以上の患者さんが多く、肺炎等の呼吸器系疾患での入院が多い傾向です。また、骨折や消化器疾患、悪性腫瘍において手術等の治療が必要な患者さんが入院されています。小児で胃腸炎や気管支炎等の疾患での入院が多くなっています。小児二次救急医療にも積極的に取り組んでおります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 35 15.09 21.25 14.29 83.26
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 13 23.46 16.83 0 69.08
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 12 4.75 5.50 0 53.42
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 10 17.5 14.91 0 63.5
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 12.43

内科は誤嚥性肺炎や非ホジキンリンパ腫等の血液疾患の治療入院が多くなっています。また糖尿病入院では末梢循環不全のある2型糖尿病症例が多くあります。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 90 3.7 5.50 0 3.66
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 87 5.26 6.02 0 2.68
030270xxxxxxxx 上気道炎 45 4.02 4.83 2.22 1.93
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 35 5.77 5.79 0 5.31
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 35 5.11 6.18 8.57 0

 小児科は胃腸炎、急性気管支炎等の入院症例が多く、1週間以内にほぼ退院しています。転院率は低くなっています。患者さん、ご家族と相談しながら診療を進めています。また、小児二次救急医療にも積極的に取り組んでおります。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 12 7.17 7.61 0 56.75
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 10 15.7 15.85 10 71.6
060150xx03xxxx 虫垂炎 5.60
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 15.92
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 10.87

 外科は内視鏡下手術を行う胆石性胆嚢炎や肝細胞癌、腹腔鏡下肝切除術を行う肝細胞癌症例が多くなっています。ほかにも、結腸の悪性腫瘍や虫垂炎等、入院手術症例が多くあります。
甲状腺、乳腺、食道、胃、小腸、大腸、肛門、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓等とほとんどの疾患を対象として診療しています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 65 39.17 27.63 60 82.94
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 36 26.44 20.57 47.22 81.47
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア 15 9.47 10.90 0 42.67
160990xx99x0xx 多部位外傷 10 41 18.35 20 84.9
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 11.16

 整形外科は、股関節大腿近位骨折・腰椎骨折・椎間板性ヘルニアなどの手術症例が多く、平均年齢は股関節大腿近位骨折・腰椎骨折において約80歳と高くなっています。治療が落ち着けば、リハビリを継続し、自宅または他施設に転院されています。


呼吸器外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 17 13.41 12.73 0 73.47
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 12.35
040200xx01x00x 気胸 10.09
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 21.25
040010xx99x3xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 11.76

 呼吸器外科では主に肺の悪性腫瘍手術目的の入院が多い傾向です。平均年齢は70歳を超えています。気胸により手術を行う入院症例もあります。呼吸器内科等、他科と連携し、患者さんの状態に応じた治療を提供しています。


産婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 33 21.48 20.79 3.03 24.88
120140xxxxxxxx 流産 18 2.56 2.43 0 28.44
120260xx01xxxx 分娩の異常 15 11.53 9.77 0 32.8
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 12 11.92 9.88 0 30.92
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 6.42

 産婦人科は産科疾患が多い傾向です。切迫流早産は症状が安定すれば短期で退院となりますが、不安定な場合は長期入院となる場合もある為、平均日数が約21日となっています。
婦人科疾患では卵巣腫瘍で腹腔鏡下手術を行う症例が多くなっています。


耳鼻咽喉科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 37 5 5.24 0 65.11
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 24 4.29 5.50 0 43.71
030428xxxxxxxx 突発性難聴 21 8.29 9.37 0 57.76
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 17 8.76 8.12 0 23.29
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 11 8.64 7.47 0 49.64

 耳鼻科は前庭機能障害(めまい)、扁桃周囲膿瘍、突発性難聴等の疾患が多くなっています。
前庭機能障害(めまい)は平均年齢が約65歳と高く、平均在院日数は全国平均とほぼ同じになっています。また、慢性扁桃炎、扁桃肥大に対する口蓋扁桃手術、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術も行っています。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 28 5.61 5.83 10.71 55.04
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 21 7.14 7.44 0 79.1
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 16 8.19 12.43 0 65.69
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 13 13.69 7.78 7.69 74.08
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 11 8.64 8.83 0 65.27

 泌尿器科は経尿道的尿路結石除去術を行う腎・尿路結石の症例が多く、平均在院日数は全国平均とほぼ同じです。膀胱腫瘍に対する手術症例も多くなっています。


呼吸器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 59 20.79 21.25 10.17 84.42
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 34 4.06 3.68 2.94 72.74
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 23 17.17 12.35 0 70.74
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 22 27.59 13.85 4.55 75
050130xx99000x 心不全 19 39.74 17.95 5.26 85.42

 呼吸器内科は高齢者の誤嚥性肺炎症例が多く、在宅退院に向けた治療を行っています。肺の悪性腫瘍症例では、生検目的や化学療法目的の入院が多くなっています。また、慢性閉塞性肺疾患、心不全症例も多くあります。


消化器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 20 12.85 11.06 10 76.6
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 10 7.1 7.44 10 68.2
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 5.50
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 2.60
060020xx99x40x 胃の悪性腫瘍 7.51

 大腸ポリープ切除術症例が今回集計対象外となっている関係で、公開となっていませんが、大腸ポリープ症例が消化器内科で一番多い症例となっています。また胆管炎で内視鏡下の手術を行う症例が多くなっています。消化器の悪性腫瘍に対する化学療法目的の入院も行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 17 16 1 7
大腸癌 17 15 1 7
乳癌 1 7
肺癌 23 17 25 59 39 1 7
肝癌 16 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 TNM(悪性腫瘍の分類)を基に癌のステージを分類します。がんのステージは癌の進行度や広がりを表しており、ステージが高い程、癌が進行し広がっている状態です。
早期であるステージⅠの症例も多く、早期発見・早期治療を行っています。がん治療に関して、各学会のガイドラインに沿って、エビデンスを重視しながら患者さんにあった治療方針を選択します。病状によって拡大根治手術を選択する場合もあれば縮小手術や放射線治療、ラジオ波治療、緩和医療を選択します。抗癌剤治療も化学療法委員会の指導のもとに安全に施行しています。

※患者数は延患者数となっていますので、同一患者で繰り返し入院する症例は入院毎にカウントしています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 22 8.55 47.5
中等症 36 13.53 75.33
重症
超重症 13 29.69 88.08
不明

肺炎の重症度とは、

Age(年齢):男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水):BUN 21mg/dL以上または脱水あり
Respiration:SpO2<=90%(PaO2 60Torr 以下)
Orientation(意識障害):意識障害あり
Pressure(収縮期血圧):収縮期血圧90 mmHg以下

上記の頭文字を取ってA-DROPといい、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点としてカウントし、合計で重症度を判定します。

軽症:0点の場合。
中等症:1~2点の場合。
重症:3点の場合。
超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。

当院では、軽症、中等症の症例が比較的多い傾向となっています。
罹患年齢が上がるにつれ、重症度が高く在院日数も長くなっています。
人工呼吸器を必要とするような症例も多くあります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 3日以内 41 30 77.63 26.67
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患,詳細不明

 脳梗塞等の症例の大多数が『I63$(脳梗塞)』に分類される症例であり、その中でも発症日から3日以内の急性症例が9割を超えます。70歳前後の症例が多く、リハビリ目的等のために地域の医療機関に転院されるケースもあります。地域医療支援病院として近隣の医療機関等と密接に連携し、医療に取り組んでいます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 0.88 1.92 7.68 74.31
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 24 2.46 7.96 8.33 62.58
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法

 外科では鼠径ヘルニアや胆のう結石症、胆石性胆のう炎などに対する内視鏡下の手術が多く占めています。また、結腸の腹腔鏡下悪性腫瘍切除術、腹腔鏡下虫垂切除術、腹腔鏡下肝切除術も行っています。内視鏡下手術が外科手術の上位を占めています。

※内視鏡下手術・・・お腹の中を内視鏡で行う手術です。おなか周辺に小さな穴を開け炭酸ガスを入れてスペースをつくりそこから、筒状のスコープや器具を入れて手術を行います。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 59 4.8 36.76 61.02 80.9
K0811 人工骨頭挿入術(股) 18 8.61 27.5 55.56 81.78
K0462 骨折観血的手術(下腿) 16 2.5 28 6.25 61.06
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 16 3 7.19 0 44
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 10 0.6 8.5 0 60.9

 整形外科では、高齢の患者さんが多く、大腿骨の骨折に対する骨折観血的手術、人工骨頭挿入術が実施されています。
また、椎間板ヘルニアに対して内視鏡下による椎間板摘出術も実施し、身体にかかる負担が少ない低侵襲手術となっています。

※骨折観血的手術:早期離床を目指し骨折部を手術的に骨接合を行う方法です。
※人工骨頭挿入術:骨接合が難しい場合、金属(柄つき)の骨頭に入れ替え関節機能を取り戻させる方法です。


呼吸器外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 10 3.1 14.6 0 52.8
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)

 呼吸器外科では、複数の術式に分かれて集計されている為、今回の集計で公開となっていませんが、肺の悪性腫瘍に対する手術を多く行っています。また、気胸に対する胸腔鏡下肺切除術も多く行っています。


産婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 22 4.36 8.95 0 31.82
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 18 1 0.06 0 30.94
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 13 0.85 7.77 0 40.23
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 11 2.82 8.64 0 31.36
K867 子宮頸部(腟部)切除術 10 1 6.6 0 37

 産婦人科で多く行っている手術は選択的帝王切開術です。緊急帝王切開術と合わせると33件です。当院での平成28年度分娩件数は125件です。卵巣腫瘍等に対する腹腔鏡下子宮附属器腫瘍摘出術、子宮頚部異形成に対する子宮頚部(腟部)切除術、子宮内膜癌診断の為の子宮内膜掻爬術も多く行っています。


眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 154 0.02 2.64 0 74.69
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)
K224 翼状片手術(弁の移植を要する)
K2683 緑内障手術(濾過手術)

 白内障に対する水晶体再建術を多く行っています。日帰り手術、入院手術共に行っています(現在は眼科常勤医が2名)入院の場合、入院当日に手術を行い、およそ2~4日で退院しています。両眼に対しての手術が必要な場合は約1週間あけて片眼ずつ行う症例が多くなっています。また、白内障に対する水晶体再建術症例は診療科別診断群分類別患者数において集計対象外となっている為、公開となってませんが、当院での白内障手術(入院外来)は年間およそ250件です。


耳鼻咽喉科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 17 1.06 6.71 0 23.29
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 13 1 6.85 0 51.31
K368 扁桃周囲膿瘍切開術
K331 鼻腔粘膜焼灼術
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ)

 慢性扁桃炎、扁桃肥大に対する口蓋扁桃手術、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術を多くおこなっています。保存的加療で症状改善が見られない場合や反復して炎症を起こしている場合に行っています。平均術後日数は6日前後となっています。また、扁桃周囲膿瘍に対する扁桃周囲膿瘍切開術、甲状腺腫瘍に対する甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術も行っています。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 28 1.79 3.61 14.29 55.82
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 20 0.85 8.55 0 77.85
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 14 2.43 10.21 7.14 74.21
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 13 4.62 3.85 0 71.46
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 13 1.38 6.31 7.69 79.85

 泌尿器科では、尿管・腎結石に対するレーザーによる経尿道的尿路結石除去術や尿管ステント留置術、透析シャント狭窄・塞栓に対する経皮的シャント拡張術、血栓除去術を多く行っています。また膀胱の悪性腫瘍に対する手術も行っています。

※経尿道的手術:尿道・膀胱専用の内視鏡を挿入し行う手術です。


呼吸器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K508-3 気管支熱形成術 16 1 2.63 0 45.56
K386 気管切開術
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)

 呼吸器内科では、18歳以上の重症な気管支喘息に対して、熱エネルギーを使用する気管支鏡を使った気管支熱形成術(気管支サーモプラスティ)を行っています。気管支熱形成術は3週間の間隔を空けて3回に分けて治療を行います。


消化器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 48 0.31 1.17 0 71.54
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 5.56 17.56 25 78.56
K654 内視鏡的消化管止血術 13 0.15 14.31 38.46 74.54
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 12 0.5 3.42 0 69
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10 8.1 16.1 0 84.3

 消化器内科では、内視鏡下による大腸ポリープ・粘膜切除術を多く行っています。平均年齢はおよそ70歳で入院期間は2日程度です。また内視鏡的胆道ステント留置術、施設や他医療機関からの依頼による胃瘻造設術も行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 11 0.34
異なる
180010 敗血症 同一 35 1.07
異なる 11 0.34
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 22 0.67
異なる

 播種性血管内凝固(DIC)、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、DPC病名と入院契機病名との同一性の有無を分類して患者数と発生率を集計しています。

播種性血管内凝固(DIC)とは、全身の血管のさまざまなところで血栓がつくられ、血管がつまることにより臓器不全を引き起こす病気です。また、血液凝固に必要な成分が大量に使われるため、止血しにくくなります。
敗血症とは、体内の細菌感染巣から病原菌や毒素が、多量に血液中に入り込むことでおこる、全身性炎症反応の重症な病態です。敗血症については約3割がDPC病名と入院契機病名が異なっており、悪性腫瘍、尿路系疾患等が入院の契機となり、引き起こされています。
手術・術後の合併症とは、手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態です。説明・同意を行った上で、発生予防に努めていますが、どのような手術でも起こる可能性があります。

更新履歴

 

 

平成29年9月29日

H28病院指標を公開しました。