生きる力を応援します。

高松市立みんなの病院

文字サイズ

087-813-7171

季節のワンポイントメニュー

蒸し鶏と夏野菜たっぷり!温野菜サラダ

加熱調理することで、野菜に含まれる、なすのポリフェノールの一種であるナスニン、きゅうりに含まれるβ-カロテン、トマトに含まれるリコピンは油に溶けやすく、炒めることで腸からの吸収がよくなります。
栄養をしっかり摂取し、暑い夏を乗り切りましょう。

 

【材 料】(1人分 )

食 品 分 量
 蒸し鶏  鶏むね肉(皮を除く) 50 g 
 酒 30 cc 
 砂糖 適宜 
 塩 適宜 
 なす 30 g 
 きゅうり 35 g 
 トマト 50 g 
 ごま油 小さじ1    
ドレッシング  青しそ 3 g(4~5枚)
 ショウガ 2 g    
 ニンニク 2 g    
 砂糖 小さじ1     
 酢 大さじ1     
 しょうゆ 大さじ1     
 ごま油 小さじ1/2     
 蒸し汁 30 cc 

【栄養価】(1人分)

エネルギー 170kcal 
たんぱく質 14.2g 
脂質 7.1 g 
塩分 2.3 g 
 

【作り方】

  1. 鶏むね肉は、フォークで全体に数か所穴をあけ、耐熱袋に入れて、酒、砂糖、塩を加えてもみこみ、空気を抜いて袋の口を閉じる。
  2. 鍋で1がしっかり浸かるくらいたっぷりの熱湯を沸かして火を止め、1を入れ、蓋をしてそのまま約25~30分おく。袋から鶏肉を取り出し、薄くスライスする。
    ※火が通っていないときは、耐熱袋に戻して、再度湯を沸かしたところに入れ、完全に火が通るまで待つ。蒸し汁は捨てない。
  3. なす、きゅうりは水洗いし、へたをとり、両端を切って小さめの乱切りにする。
  4. トマトは水洗いし、へたをとり小さめの乱切りにする。
  5. 3と4の野菜をごま油で炒める。
 

【ドレッシングの作り方】

  1. 青しそはよく水洗いしてみじん切りにする。
  2. ショウガ、ニンニクは皮をとりみじん切りにする。
  3. 1と2と砂糖、酢、しょうゆ、ごま油、蒸し汁をよくまぜ合わせ、ドレッシングを作る。

【盛り付け】

  1. 炒めた野菜を皿に盛り付け、蒸し鶏を野菜の上にのせてドレッシングをかける。

 
季節のワンポイントメニュー(レシピ)バックナンバー
2021年 夏 蒸し鶏と夏野菜たっぷり!温野菜サラダ
2021年 春 鯛のポワレ
2021年 冬 生姜豆乳鍋
2020年 秋 おいもとくるみとレーズンのゴロゴロクッキー
2020年 春・夏 かんたん甘酒のしゅわしゅわドリンク
2020年 冬 なめらか里芋プリン
2019年 秋 きのこの炊き込みごはん

 

ページのトップへ戻る